テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねよう。そして浮上しよう。

「はじめての人のための3000円投資生活」で脱・投資の食わず嫌い!


買ってしまった。

f:id:Bliss_Blink:20170523072801j:plain

↓「はじめての人のための3000円投資生活」を読みました。

最初は別の本目当てで本屋に行ったのですが、

目当ての本がビミョーだったので帰ろうとしたところ、

通りがかりに見つけてページをめくってみたら面白そう。

「これ買いなさい!」と声が聞こえたような聞こえてないような・・。

この本はためになると直感したBlissはそのままレジに直行しました。

いいですか。覚えておいてください。直感に従うとこのようにレジまで一直線になります(笑)

噂によるとはじめての人のための3000円投資生活は近所のド田舎の図書館でも予約が常時10人待ち(!)状態らしく、

人々のお金の関心がいかに高いかが伺えます。

投資への偏見をなくしていこう

今までマネー意識の高い人達に恵まれず、

投資って怖い話か「可もなく不可もなく」な話しか聞けない環境で育ったもので、

恥ずかしながらこの年まで投資をしたことがありませんですよね・・。

そんな、投資に超ビビリまくっている人のための本です。

「投資って難しそう」「投資って怖い」「知識がないと損しそう」「私は投資に向かない」・・

投資=FXの怖い話だと思い込んで萎縮してしまったり、

かといえば新刊コーナーにズラリと並ぶお金の本にどれを読んでいいか迷い、

結局迷って買わないままだったり。

貯金に勝るものはなし!と頑なに投資に聞く耳を持たなかったり・・。

食わず嫌いになっている人多いですよね。(私もそうですが)

世の中は投資に対してのネガティヴな思い込みが多いと著者の横山光昭さんは指摘します。

人は失ってもソンを感じにくいギリギリの金額が「3,000円」だと主張し、

あまり知識を詰め込まずあえて最初は見切り発車で始めてみて、慣れてきたら投資額を増やしていくことを勧めています。

そう、

小さく始めて大きく成長させること──

このやり方は何でも効果的ですよね。

投資していく過程にはコツコツ積み立てることやじっと待つこともあり、

即結果!という世界ではないようです。

じっくり育てて待つことができるかどうか。

そして四の五の言わず、すぐに「やってみよう!」と行動できるかどうか!

はじめての人のための3000円投資生活はただ読んだら終わりではなくて一歩踏み出すための本。

本書が私たちの思い込みを打破できるバイブルとなるかはここにかかっています。

3,000円投資経験を積み重ねていくことで投資についての偏見や思い込みが消え去り、

お金についての考え方が根底から変わるという、思わぬ効果も期待できるそうですよ。

平易な文章で読みやすくてサクッと読めるわりにはお金について前向きになれる

とても良い本だと思います。


夏ボーナスを前にちょっとお金について学んでみませんか?

ではでは。