テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねよう。そして浮上しよう。

【日記】川越のお菓子と思い出と。粉ジュースの昭和フレーバーにほっこり。


小江戸川越の菓子屋横丁名物にワクワク

川越に行った娘が色々お土産を買ってきてくれました。

↓超ロングふ菓子!

f:id:Bliss_Blink:20170516214221j:plain

この超ロングふ菓子、以前TV番組の「もやもやさまぁ〜ず」で川越に来たさまぁ〜ずさんが買っていました。

長さ日本一でしょう。(多分)

さつまいものカラーリングでほんのりサツマイモ味がします。

これフワッフワで、分けることが難しそう。

「粉コーラ」は夏の味

↓そして懐かしのこれに思わずテンション上がるBliss。

f:id:Bliss_Blink:20170516215244j:plain
▲ときも「少年少女の諸君!それは水に溶かして飲む物だ。そのまま舐めてもいいが、水に溶かして飲むと君たちの知らない「昭和感」を知ることが出来るぞ!」(右上のキャラクターは川越市マスコットキャラクターの「ときも」です。)
f:id:Bliss_Blink:20170516223503j:plain
▲水に溶かすとほのかにシュワシュワする。甘酸っぱいコーラ味が一気に脳裏の暑い夏の日に引き戻す。
あ〜これこれ、この味〜。

出た!粉ジュース!!

知ってますか?粉ジュース。

娘は興味津々で買ってきたので、おいしい混ぜ方を伝授。

城下町川越には昔ながらの駄菓子屋さんが並ぶ「菓子屋横丁」と言われる通りがあるのですが、

粉ジュースがまだ売っていたとは!

ある年齢から上の世代にはものっすごい懐かしい。

誰もがあの夏休みの一日を思い出すはずです。

近所の駄菓子屋さんにチャリで出かけて色んな味の粉ジュースを握りしめ、水に溶かして飲む夏休みの一日。

今思えば決して美味しくはないんだけど、当時はメチャメチャ美味しかった思い出があるな〜。

↓あとは、ハリハリして甘酸っぱい大根のお菓子「さくら大根」とか。

村岡食品 さくら大根 40g×10袋

村岡食品 さくら大根 40g×10袋

さくら大根はまだ現役で売ってます。

Blissも娘もよく買って食べます。たまに食べたくなるんですよね。

小ぶりでカラフルな飴たちに胸キュン

f:id:Bliss_Blink:20170516222634j:plain
▲こんぺいとう、レゴ型飴、ジェリービーンズ型、ラムネ型・・
心をくすぐる小粒な飴に胸キュン。量り売りです。

レゴ型飴なんて入っていることにプチジェネレーションギャップ!

しかもレゴ型飴同士ちゃんとつなぐことができました。

川越の菓子屋横丁を代表するお菓子ですね。

\埼玉だっていいところはある/

何年か前、名古市テレビ塔であった歴史にまつわるイベントで、

名古屋のある著名な歴史ファンの方を前にして

「埼玉には(観光らしきものが)何もないんですよ〜」なんてエラソーなことを言いふらしてしまったことを悔いています・・。

埼玉人がナチュラルに「埼玉には何もない」と言えてしまうことに危機感を感じなきゃだめですよね。

「埼玉観光リテラシー」をなんとか向上させねば!

埼玉はそろそろ自虐癖から脱却するべきだと思う。(笑)

小江戸川越あたりはもっと認知度あげるべきだと思っているんだけどね〜。

retrip.jp

そう、川越に行ったら是非氷川神社への参拝もおススメ。

閑静なところにあり、縁結び祭りには沢山の女子が参拝に訪れる有名な縁結びの神社です。

数限定でお裾分けしてくれる「縁結び玉」はあまりにも有名。

www.kawagoehikawa.jp

小江戸」と言われてきた城下町「川越」の名所めぐりも面白いいですよ。

そんなことを感じた火曜日。

あ、ふ菓子おいしいです。

ではでは。