テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねよう。そして浮上しよう。

宇宙のサインを選り好みして大失敗した話!失敗しないためのチャンスの見極め方


f:id:Bliss_Blink:20170423225605j:plain

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

宇宙のサインを受け取るコツが分かってきた今でも、

うっかり受け取り損ねてしまう時もあるものです。

今日はやっちまった〜のお話を。

チャンスに対して欲が出たら負け!

先日、楽天ト○ベルでホテルを探していたのですが、

予約したいGW期間中はいうまでもなく激戦なので、希望のホテルはどこも満室、満室。

もっと早く予約すれば良かった〜!と後悔して

日を改めてまた覗いてみることにして一旦PCから離れたんです。

そしたら次の日!なんと狙っていたホテルにわずかな空きがあるではありませんか!!

これはチャンスだと直感して予約ボタンをぽちろうとしましたが、

ここで疑問が頭をもたげます。

「・・まだ良いホテルがあるかもしれない・・もう一日考えてみて明日予約しよう。」と

欲を出してしまったんですね。

次の日になるとさらに倍率ドン!(古い)

狙っていたけど満室だったホテルが他にもちらほらあるではありませんか。

「・・う〜ん、ここやっぱりちょっと高いな。もっと抑えたいな〜」

なんて悠長なことを考え出してしまうBliss。

その結果は言わずもがな、狙っていたプランはすべて売切れてしまいました。

そのとき自分がチャンスを選り好みしていたことに初めて気づきました。(時すでに遅し)

ガーン!

f:id:Bliss_Blink:20170423230347j:plain

どう考えてもチャンスやないかぁぁ!

後悔しまくりでしたが、その後狙っていたそのホテルが空くことはありませんでした。

・・・

チャンスが来たら四の五の言わず飛び込め!

ここの敗因はただ一つ。

せっかく与えられたチャンスをみすみす逃してしまったこと。

思い返してみれば、狙っていたけど満室で予約できなかったホテルが再び空きが出たとき、

Blissはそれがチャンスだと気づいていました。

これは絶対に宇宙から与えられたチャンスに違いないと確信があったんです。

一瞬のヒラメキの後に「欲」や「エゴ」はすぐに介入してきて邪魔をしてきます。

「そこに決めちゃうの?もっと他に良いホテル見つかるかもよ?」

「すぐに決めないでちょっと考えてみれば?」

「いいプランだけど・・ちょっと予算オーバーだよね」

頭の中でごちゃごちゃ考え始めたら負けも同然。

エゴの言いなりになった私たちは、せっかくの宇宙のサイン(直感)を手放してしまうからです。

人間は確証のない宇宙のサイン(直感)より、道理にかなったことを最も重視してしまう。

これを防いで宇宙のサインを受け取るにはどうしたらいいんでしょうか。

それはただひとつシンプルに、

四の五の言わずさっさと直感にしたがえ!

これに尽きます。

というか私たちの欲やエゴは「四の五の」と御託を並べるのが仕事です。

この御託には巧妙なトリックが仕掛けられていて、

ホントかな?と一見正論に見える理由をあれこれ並べてくるのです。

ごちゃごちゃ考えない。まず従ってみよう。

この態度の重要さを散々分かっていたのに今回はまんまとやられました。

うわ〜〜ん悔しい〜〜と地団駄ふんでも後の祭り。

ホテルの予約画面とにらめっこしても一向に空きません・・・。


「宇宙先輩すみませんでした!もう一度だけチャンスを与えてください!絶対逃しませんから!」と

お願いしておきました。

チャンスは想像するほど派手ではない!

こんな寓話を思い出しました。

あるところにとても神様に敬虔な婦人がいました。

ある嵐の日、川の氾濫によって貴婦人の家は流されてしまいます。

命からがらボートで脱出した婦人は神様に懸命に祈ります。

すると、神に祈る貴婦人の元へどこからかオールが流れてきました。

「神様はこんなものをよこさないわ。」

貴婦人はオールを受け取りませんでした。

さらにボートが流れてきました。

「神様はこんなものをよこさないわ。」

流れは勢いを増してみるみる濁流へと変わっていきます。

今度は向こうから頑丈そうなボートに乗った犬が近づいてきました。

「神様はこんな助け方をしないわ。」

婦人は振り返ることなくボートをやり過ごしてしまします。

さらに勢いを増した濁流になすすべもないままボートは壊れ、

婦人は濁流に消えていきました──。

天国へたどり着いた婦人。

そこへ神様が現れました。

「私は生前、あなたをお慕い信じてきました。それなのにどうして助けてくださらなかったのです?」

「わしは3回も助けを出したが?」

───

実は、お話の細かい所はちょっと失念してしまいましたがこんなストーリーです。

チャンスは選ぶな!を地でいくお話でした。

普段怖がってチャンスに飛び込めない私たちにグサリと刺さる教訓となるはずです。

「てか婦人選びすぎだろ!」なんて笑えない自分がいます(笑)


そんな教訓の話を思い出している暇があったら、早くホテルを決めないとヤバいBlissでした。

(特急の予約は取ってしまったからもう後戻りは出来ないのにどうすんだ私・・)

旅行の予約は早めに取りましょう。、じゃなかった

チャンスは逃さないようにしましょう!

いつも読んで下さってありがとうございます。