テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねよう。そして浮上しよう。

「ストレス買い」が止められなくても大丈夫という結論に至る。


こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

桜も散り、すっかり春本番

「週末ごとに買い物に出かけて服や靴を買っては散財してしまう、

どうしたらいいか」と買い物依存を心配する友人から相談されました。

ちょっと考えましたが、

そのままでOK!好きなもの買えばいいよと伝えました。

「え〜〜!?」友人はBlissに聞くんじゃなかった、と諦めたような顔(笑)をしていましたが、

このアドバイスで良かったと思っています。

だって、友人は買ったものをちゃんと着ているし、

買い物依存症」と違ってちゃんとお金を管理出来ている様子だし、

買った物を身につけてウキウキ楽しそう。

ストレス解消になってるやん!と特に心配なさそうだったからです。


自分なりのストレス解消法を見つけておく

友人は買い物をすることでストレス解消していましたが、

実はBlissもストレス溜まると買い物しまくります。

欲しかった物を買うとモヤモヤがスッと晴れて「明日から頑張るぞー!」となる。

自分の中で、

ストレス溜まる→ショッピングしたくなる!

といつのまにか決まっていて、

それがいつの間にかストレス解消法として、ルーティン化しちゃっています。

買い物する行為に「ストレスが解消される!」と意味を付けをされることで、

格段にストレス解消がしやすくなる気がします。

何かの行為に意味付けをすることで瞬時にいい気分になることを

アンカリングと呼んだりするらしいです。

これをやればどんなストレスもたちまち解消する!という鉄板ストレス解消法も

見つけておきたいですね。

ストレス溜まると買い物しすぎることを悩んでいると聞くと私たちはつい

買い物依存症」が頭をよぎって心配してしまいますが、

買い物依存症は買う行為自体に歯止めが利かなくなる依存症。

その反面、買った物自体には全く興味がないので、

買った物は全てタンスに直行してしまうそうです。

もうここまで来たら病的ですが、

自分の収入と支出のバランスの範囲内で買い物をしていて、

なおかつ本人が楽しそうならどんどん買ったれ〜!というのが私の意見です。

だって友人に「買い物を控えなさい」と言ったところで止めませんから(笑)

ストレス解消法は人それぞれ。

ではでは。