テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねよう。そして浮上しよう。

子どものスマホデビューなら!子ども用スマホをワイモバイルにして良かったこと3つ。


f:id:Bliss_Blink:20170302220029j:plain

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

某携帯キャリアのCMで「スマホ世代」なんて言葉が浸透していきそうな予感ですが、

ついに我が家も娘にスマホを持たせることにしました。

実はね、ついに根負けしました。

Blissは「子どもにスマホなんて要らない派」だったのですが、

子どもの通う学校ではスマホを持っている子どもがクラスの3分の2を占め、

スマホデビューがどんどん低年齢化しているのだと肌で感じています。

まして子どもから天下の宝刀「持っていないとみんなから仲間はずれにされる!」なんて言われたら、

一昔前のように「子どもにスマホなんて要らない」が通用しない。

うちと同じように襲いかかるであろうスマホ通信料に頭を抱えつつ、

アレコレ検討しているなんて親御さんも多いかと思います。

ワイモバイルでいいよ!

怖かったんですよ。スマホ市場が!

はるか昔のガラケー時代には最新機種が出る度に飛びついていたくせに、

MVNOとか何それ?格安スマホ・・?SIMフリー!?

(MVNOと聞くとどうしても「LMFAO」が浮かぶのは私だけでいい。)

今となってはスマホ事情にチンプンカンプンなわけです。

iPhoneならともかくまして、キャリアの料金戦争には本当に疎かった。

「イチキュッパです!」という謳い文句に吊られてカウンターに言ったところで

やれこのオプションつけないと適応外ですとか、実はコレとコレがついてヨンキュッパになりましたとか

美味しい話の裏にはそういう罠がある気がしていたんです。

だってそうですって!

ショップに行けば複雑すぎる料金プランに目が滑るし

「おいおい最初のハナシと全然違うじゃねえかっ!!」と、当初の予算通りにならなくて

すごい腹立つことあるじゃないですか。

あの経験はもうこりごりだったので、

その手には乗らねえぜ!と疑心暗鬼でワイモバイルショップへ向かったわけです。

イイとこ1:本当にニャンキュッパ

前置きが長くなりましたが、結論から言うと、

ワイモバイルで十分でした。

f:id:Bliss_Blink:20170302212801g:plain

www.ymobile.jp

「ワイモバイルでいいよ!ニャンキュッパだし。」

料金プランがすごくすっきりシンプルなのもあり、

学割適用で2,980円。以上!という感じで非常に分りやすかったです。

様々なオプションを上乗せされて最終的に料金が膨らむというようなこともありません。

ちなみにうちの娘はニャンキュッパ、2,980円で6ギガ(通常3ギガが今ならデータ容量2倍キャンペーンで6ギガ)のプランにしました。

「1ヶ月6ギガをめどにして計画的に使おう」と教えることで子どもが自主的にスマホを制限する意識が芽生えます。

子どものスマホなんて大体ワンキュッパ(1,980円 3ギガ)かニャンキュッパ(2,980円 今なら3ギガ→6ギガ)のプランで足りるでしょう。

↓新規や他者からの乗り換えで、今ならデータ容量が2倍になるので、

通常3ギガの容量が6ギガになっていますしこれで十分。

www.ymobile.jp

イイとこ2:通話が10分無料

実はこの通話10分無料プラン、知らない人多いです。

10分も無料なの!?へ〜!と思った方。正解。

10分だけかよ!?と思った方、

家族のたわいもない会話程度だったらたいてい10分以内に終わりますよ。

それ以上お話するならLINEでもSkypeでも通話アプリは沢山ありますし、

実際にやる方はいないかもしれませんが、10分ごとに通話を切ってまたかけ直せば次の10分も無料です。

(これ店員さんから聞きました 笑)

10分程度で十分元が取れると言えます。

イイとこ3:データ速度も問題なく早い

MVNOや格安スマホの欠点として

お昼や夜など回線が混みあう時間帯になると極端に通信速度が遅くなって

お昼休みにニュース見ようとスマホ開いたら遅すぎてイライラしていたらお昼休み終わった・・・

ということになりかねないわけです。

回線速度は格安スマホの最大のネックでもあり、これは避けては通れないようです。

ワイモバイルに関しては今のところ、そのような速度制限は感じません。

音声通話に関しても使っている回線がSoftbank通信局なので快適です。

ワイモバイルは「キャリア」です

そうなんです。ワイモバイルってドコモやauSoftbankと同じ、

携帯キャリア(Softbankと同じ)なんです。

正確に言うとSoftbankの廉価版キャリアってとこらしいです。

だからSoftbankの通信局もそのまま使えますし、

↓街中いたるところにあるソフトバンクWi-Fiスポットが使えます。

ソフトバンクWi-Fiスポット | 通信・エリア | モバイル | ソフトバンク

ウェブ利用制限もつけてくれます

子どもにスマホを持たせる上で忘れてはならないのが「ウェブ利用制限

こちらはショップ窓口で付けることが出来ます。(無料)

www.ymobile.jp

難しいこと分からなかったらワイモバイルで

f:id:Bliss_Blink:20170302223440p:plain

通信費は単純計算すると一年で10万弱もかかってしまいます。

その10万で何ができたでしょうか。

スマホの難しいシステムは分からないけど、スマホに8,000円〜10,000円もかけられない!

だから通信コストを抑えたい!という私のような初心者にはワイモバイルをおススメします。

2年ごとに乗り変えていくスタイルになりつつありますし、

その時はまたプランなどを見直し見るつもりです。

とりえあえず2年間はワイモバイルで通信料を抑えていくことにしました。

どうでもいいところの出費を抑えて

大事なところへお金を回せるよう工夫をしていきたいものです。

いつも読んで下さってありがとうございます。