テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねよう。そして浮上しよう。

隠れたベストセラー「生きがいの創造」を読んだ。家族を亡くした人達の救いがここにあった。


人生も大台に差し掛かり、

あと数年でやってくるアラフォーが怖いです。

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

スゴい本を読んでしまった。


色々と死生観が揺らいでしまった。

この本は私の生半可な「スピリチュアル」知識は切り裂かれてズタズタ。

読後も不思議な余韻に包まれています。

ぐぬぬ・・。

単刀直入に言えば「生まれ変わり(輪廻転生)」や「臨死体験の話」「魂」は存在するのかを科学者達が超真面目に研究したお話。

超テキトー解釈ですが。

著者の飯田史彦氏は前世研究の第一人者で「前世療法」のブライアン・L・ワイス 博士とともに

その世界では有名な方のようです。

この本自体は古い本で初版が1996年。

何度か加筆されているようで隠れたベストセラーかもしれません。

(「前世」と聞いても今流行りのRADWINPSしか出てこないあなたは正常です。)

一見すると怪しい「前世」の定義ですが、

科学者たちは最初から前世を探ろうとしたわけではなく、

退行催眠の一環として前世研究が進んだ経緯があるそうです。

「患者の幼い頃の記憶へと催眠かけたら、勢い余って前世まで遡っちゃった」って感じですかね。

そこから性別・人種や職種問わずありとあらゆる人を催眠でもって

どの人にも前世が存在することを確認しているのですが、

仮に本当だとしたらどのエピソードも絶句。

すごいのひと言に尽きる。

Blissなやたらスピリチュアルな事を言うくせに、どちらかと言えば前世とかうそくせ〜派だったんです。

以前TVで前世退行催眠を受ける一部始終を見て

「冷たい・・!苦しい・・!」なんて催眠を施術されている女性がうめき声を出すんです。

え?これが前世?話が出来すぎていない?って。

もうね、見ているこちらは興ざめというか、ドン引きですよ。

正直本当かな〜という感想を抱いてどうも胡散臭い雰囲気がぬぐえず、

「前世」には疑いを持ったまま今まできました。

しかし「生きがいの創造」読後は肯定派に傾いたのは事実です。

本当に死後の世界はあるのかもしれない、

ほのかな希望を感じます。


死者に会えるなら誰に会いたい?

この本の中には死者との接触の話もあります。

まあこの「霊」とか「魂」は、ただでさえ眉を潜める人が多い話題だけど、

死者と接触してさらに会話をしてしまおうとスゲー試みをした人達の話が出てくる。

霊魂(便宜上、霊としておく)との接触実験には、幼い息子を不慮の事故で亡くしたお父さん、

他界した父と会いたいと願う娘さん、

また、20年前にこの世を去ったお母さんの魂と接触する話などが出てくる。

たとえ幽霊でも身内に会いたいと願うのは当然のことだし死者との接触は救いとなるはずだ。

この辺Blissは肯定的です。

死者との接触!?とオカルトチックな、「降霊術」にまつわるおどろおどろしい話を想像していたのが恥ずかしくなるくらい、

涙が止まらなかった。


© .foto project

ちなみにBlissは生前会う事が叶わなかった異母兄に会いたいですね。

異母兄はワケあって養子に出されていたので、

血のつながったBlissの父の存在どころか

さらにその娘のBlissなんて知るよしもなく、生き急ぐように20年の短い人生を終えました。

異母兄の享年をしれっと越えてしまった今、

ちょっと会ってみたい気がします。

あ、それから父方のおばあちゃんにも会いたい。

会って「あんなクソ親父(父のこと)で本当にごめんなさい。」と謝ります。笑


生きているだけで丸もうけかもよ?

飯田先生は前世やあの世の交えて慎重に

「あなたの使命!」「あなたが生まれてきた意味!」なんて仰々しいタイトルの本があるけど、

あの手の本は焦らせるばかりで何のためにもならない。

そう思いませんか?

こうやってフツーに生きていることがすでに使命であり、

フツーに生きてお昼休みに「何かいいことないかなあ〜」とボケッ〜と空を見つめる、

これこそが生まれてきた意味なんだと思います。

その昔、「一休さん」のモデルになった室町時代の僧、一休宗純

「世の中は食うて糞して寝て起きて、さて、その後は、死ぬるばかりよ」

夢も希望もないことを言ってくださいましたが、

「生きがいの創造」によれば、これこそが生まれる前に約束した

偉大な人生プランなのかもしれない、と思ったら

「生きる使命」や「運命の人」を血眼になって探そうと消耗したり

「自分探し」に固執したりすることもなくなるのではないでしょうか。

「こんな人生やってみたい!」と自分で望んでこの世に生まれてきているわけで

(実際には生まれる所を一緒に選んでくれるコーディネーターみたいな存在もいるらしいが。)

あるがまま、ただ生きているだけで「生きがい」を全うしているんじゃないかな。

人の生に正解も不正解もなく、全て正解!全てOK!ということなんでしょう。

この見解は深いな〜。

神様はいる?いない?

科学を究めると神様の存在がいるとしか思えなくなる数々の証拠にぶち当たるそうです。

著書の飯田先生も本の中で、この手の話題は霊感商法の餌食になりやすいので慎重にしたいと述べた上で、

様々な科学者や識者達も一貫して「神様はいる、絶対いる」という見解に落ち着くのだそう。

Blissはアホなので良く分かりませんが、

それは仏教でいうところの如来キリスト教でいうところの神、大いなる存在、宇宙パイセンなどの

すべてを動かしている大きな存在がいるのかもしれません。

あまりふわっとしたことを言うのはやめとこう。笑

もし、今生きることがしんどくて辛くて仕方ない人がいたら是非おススメしたい本です。

ただ「前世」とか「魂」などの中立的な方なので、

別に宗教色だとか説経じみた部分は一切ありませんしスラスラ読めます。

ストイックな一面も感じられる不思議な本です。

一番勧めたいのは身内や大切な方を亡くされたばかりの方、

生きることに疲弊している方、

「何のために生きているのだろう?」とただ不思議でしょうがない方。

きっと前を向いて生きることを後押ししてくれる本だと思います。

Blissもきっと爺ちゃん婆ちゃんが見守ってくれていると信じています。

いつも読んで下さってありがとうございます。