読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねたら浮上していった件

ちょっと怖い「あるメソッド」について。

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

「わかっちゃった人たち」の翻訳で知られる古閑博丈さんの「塩人間の海底探検」というブログがあることを知り、

最近読んでいるのですがすごく面白い。

アドヴァイタとかダグラス・ハーディングとか、スピリチュアルな用語がバンバン出てますので、

ああいう世界をある程度首を突っ込んだことがある人でないと、

何のこっちゃな記事が多いことを付け加えます。

ちなみにBlissもこのブログに挙げられているカタカナ系著名人の半分も知りませんが、

その中でひとつだけ、読むのに「注意事項」を要するひときわ目を引く記事があります。

それは「あるメソッドの紹介」について。

resonanz360.com

ここにあるメソッドに一応注意事項があり、思わずドキッとさせられます。

超簡単で2~3分でできるメソッドなのですが、

その効果は計り知れなく、人によってはメソッド直後から強い不安感が出てそれが引きずることもある。

と解釈しています。

うう〜・・

こんな注意が書いてあるメソッドなんて初めて見た。

ちょっと怖さはありましたが、思い切ってやってみました。

その感想です。

※ジョン・シャーマン氏や古閑博丈さんの訳にもあるように、あくまで自己責任でお願いします。

自分自身を見る・・?

しきりに出てくる「自分自身を見なさい(Look At Yourself)」

数息観のように呼吸を整えてから意識を自分の内側に向けます。

息が出たり入ったりすることには簡単に意識を向けることができるのに

「自分」に意識を向けるとなると途端に迷子になってしまいます。

自分!??

ジョン・シャーマン氏は「頭の中の思考」でも「感覚」でも「感情」は外からくるものでありあなた自身ではない、

とスパッと言いきります。

それ以外・・ってどういうこと?

ここで頭の中に大きなクエスチョンが浮かぶわけです。

だって「それら」(この場合が思考や感情や感覚ですね)があなたを形成するアイデンティティであり、

「それら」が自分だと思っていましたから・・・よね?

あなたの頭の中から思考を取る、

「足が痛い」とか「胃が動いている」の感覚を取る、

「めんどくさいな」という感情を取る・・・

・・・・

空っぽ


ジョン・シャーマン氏はまずやってみることを勧めています。

Blissはどう感じたのか、それは次回で。

いつも読んで下さってありがとうございます。

テキトーに優雅に生きよう テキトーエレガンス