読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねたら浮上していった件

怠け者ができるだけ体力使わずにサクッと幸せになる方法を考える。

時計の針を見た時、針が一瞬止まって見える現象を

クロノスタシス」と言うらしいです。

もう12月?嘘でしょ!?とカレンダーを見たら

確かに今年も残すところあと一ヶ月になっていました。

一年が一瞬に感じてしまう現象に名前はあるんでしょうか。

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。


内側が先か。外側が先か。

幸せなことって何でしょう。

どうなったら幸せになれるでしょうか。

多くの人はお金持ちになったら幸せになれる。高級車を買ったら

恋人ができたら、結婚したら、健康になったら・・幸せになれる。と、

外からのモノによって初めて自分は幸せになれると思っているようです。

でもそれは外からのモノが手に入らなかったら、

そして手に入っても失ってしまったら不幸になってしまう、とも言えます。

幸せは外になく自分の中にあるという話は、多くの自己啓発本などでも書かれていますので、

私たちにとっては耳が痛いことだったりするんですよね。


だってお金欲しいですもん。お金持ちになって世界一周したいですもん。

高級ワインとか高級ナンチャラを堪能してみたいですもん。

生まれてきたからにはあらゆる贅を味わうのも一つの幸せの入手方法であり、

その高級なんとかを何かを手に入れようと、がむしゃらに仕事に精を出すことも否定しません。

しかし頑張るとメチャクチャ大変です。

しかも外側の何かを絶対に手に入れられる保証はない。

Blissのようななまけ者には到底できそうにありません。

ところが、どうやらなまけ者の方が幸せを得やすいようです。

何もしないでなまけた方が他力=宇宙の力にすんなり便乗することができるからです。


何もしない時間を作ろう

これは文字通り、何も考えずぼ〜っと雲を眺める時間を作っても良いですし、

瞑想や坐禅を組んだりするのもおススメします。

満ち足りない不足感や閉塞感といった漠然とした不安があるときこそ瞑想をおススメします。

あえて「考えない」時間を作ることで、頭の中にひっきりなしに沸いて出る思念をそのまま受け流し、

頭の中にスペースができたかのように雑念をクリーンアップさせる効果が期待できます。


嫌なことをやめていく

嫌だと思いながらしていることを書いてみると面白いです。

部屋の掃除、好きでもない仕事、嫌いなあの人にする挨拶、付き合いで行く飲み会、人間関係・・

毎日嫌なことばかりで埋め尽くされている自分に驚くはずです。

人間は嫌なことをやめていけば自然と幸せを感じるようになっています。

四の五の言わず、試しにひとつやめてみると良い。

心配していたあんなことやこんなことは起こらなくて、肩すかしをくらいますよきっと。

Blissも嫌々続けていたことやストレスに感じていたことを少しずつやめていきました。

自然と自分が本当に望んでいることや今やりたいことに焦点がいくようになり、

心に平安が訪れて、幸せを感じる時間が確実に増えているのを感じています。

全部大いなる力に任せる

まず幸せになるにはズバリ。

身も蓋もないことを言うようですが、諦めましょう。

ここでいう諦めるとは自分で何とかするのをやめるということです。

欲しくてたまらないあれも、あの高級なんとかも地位も、お金も。

自分で頑張って手に入れようとしないことです。

お金を手に入れるまでのどうこうとか

一切合切を宇宙にお任せしてあとは完全に手を引く。

「完全に」ですよ。

何だかんだ言って結局何もできない!お手上げ!!ぐらいの勢いで諦めた人ほど

宇宙が代わりに色々やってくれるそうです。

↓大丈夫、なまけ者もちゃんと悟れるようです。


結局それかよ。

そうです。結局それです。

宇宙に委ねればオッケー、の一言です。

いつも読んで下さってありがとうございます。

テキトーに優雅に生きよう テキトーエレガンス