テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねよう。そして浮上しよう。

ストレスからくる買い物、つい買ってしまうもの、女子の買い物を考察する


ついお金をかけてしまう事を探ると好きな事が見つかる

食べる事や公共料金以外でついお金を掛けてしまうもの。

それって割と自分の好きな事だったりしますよね。

Blissの場合ですと、服代、化粧品代、雑貨代、本代などがそれにあてはまります。

(どこかのOLみたいですね。)

服代、化粧品代、雑貨代──。

これらの使い先を見るとオシャレが好きなんだというのが一目瞭然ですね。

「いやいや、スマートな私は本やセミナー代にお金を使いますよ?」なんてウソついてもバレバレですね。


○○にお金を使っている。

これはもう大好きなんですよ。その人の個性なんですよね。

やめろといっても無理です。

服代じゃなくてゲーム代かもしれない、人によっては旅行代からもしれない、

食べ歩きの飲食代かもしれない、何か集めていたらコレクション代かもしれない。

人は好きなものにはいくらでもお金使います。

時には食費を削ってでもお金を使うw

自分って自分のお金の使い道をよく分っていないものです。

一度見直してみると自分のお金を使う傾向性みたいのが見えてくるかもしれません。


買って後悔してしまうものに要注意!

これ欲しい!と勢いで買ってその直後に後悔することありませんか?

ありますよね・・誰でもムダなものを買って浪費したことを悔やむことがあります。

お金を何かに使って「ああ、また使って(買って)しまった・・」と後悔の念に駆られる場合は要注意です。

本心で好きな事ではなくてストレス解消のためだったり、

心の隙間を埋めるためという理由が潜んでる場合が多い。

心当たりありませんか?

「イライラして会社帰りにル○ネ行ったら、ベージュのパンプスを衝動買い!

家に帰って履いてみたら・・全色揃えたくなっちゃった!」

危ない危ない。

f:id:Bliss_Blink:20161025205635j:plain

凹んだ時、ストレスが貯まった時にごほうびの買い物をすると

マイナスの気分から一気ににプラスの気分に跳ね上がるんですよね。

この時何が起こっているかというと、頭の中では快楽ホルモンのドーパミンが出まくっちゃっている状態で

テンション上がってハイの状態になっている。

とくに低いテンションのまま一気にハイになるとその激しい落差から

本当に幸せな気分になれたかのように錯覚する。

(その分急降下したりするんですけどね)

一度ドーパミンを味わうと脳はこの気分を忘れられず、凹んだりストレスが貯まるとまたハイになりたくなる。

「ハイにするにはどうすれば・・そうだ買い物をした時だ!うんそうしよう!」と

また買い物に行きたくなってしまうんです。

エスカレートすると「買い物依存」と呼ばれる精神状態になり得るかもしれません。

もうお気づきかと思うんですが、こういう時に買ったものは、本当に欲しいものや必要なものではない可能性が高い。

捌け口にしたお金の使い方は健全じゃないですね。

無意識にこのケースでストレス解消している人は多いと思う。


外面より内面にお金をかけよう

作家の本田健さんが著書でこのようなことを言っていました。

アタマの「外」にではなく、

アタマの「中」にお金をかけて下さい。

上手い!なるほど。

アタマの外とはつまり頭髪、ヘアスタイルのことですね。

髪の毛だけではなく外見のことと捉えてもいいかもしれません。

女性のみなさんならお分かりかと思うんですが、一回の美容室代って馬鹿にならないですよね。

美容室行って髪を切ってカラーリングしてパーマして14,000円かかったとする。

その14,000円を使ってアタマの「中」つまり脳への投資をする。

資格の勉強をしてみるとか、習い事をするとか

本を買ったり、投資セミナーに行ってみるとか。

うう・・なるほど、色々出来ますね。(滝汗)

・・・・

でもBlissは美容室に行っちゃうんですけどね。

アタマの中も磨いていきたいですが、

髪をキレイにしてオシャレするのも女性の特権ですから。

美容室もロクに行かないとボサボサになってしまうし、

根元も黒くなってプリン頭になっちゃいますものねw

イケてない髪は嫌です。

だからお金が貯まらないんでしょうかねw


さてお金をどう使いましょう?

いつも読んで下さってありがとうございます。