テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねよう。そして浮上しよう。

おうちで才能探し。本田健氏の「才能を見つける方法」が斜め上をいく意外さ。


ここ1〜2週間で本田健さんの本を色々読みまくっているんですが、

特に図解 自分の才能の見つけ方はスラスラ読めてワークシートのように自分のやりたいことを洗い出す事が出来て

何度も読み返しては新たな気づきを得ています。

本田健さんの「才能」「やりたいこと」に対する考え方は、

私たちの「才能」に対する一般的なイメージのそれとは全く異なるものでした。

本田さんの主張は一貫して、才能なんて決して特別ではなく誰にでもあるものであると強調します。

おかげでBlissの「才能」という言葉に抱いていた勝手なイメージが

もうね、気持ちいいくらい崩れてしまいました。

自分の才能探しについての過去記事はこちら。

bliss-blink.hatenablog.com

bliss-blink.hatenablog.com


一見ネガティブなところに才能が隠されている

たとえば叱られた時

うちの娘はのんびり天真爛漫な、女版のび太君。

宿題なんて絶対期限内に終わらずにいつも先生から怒られる。

親として最初は悩みまくり、先生に相談しては、

どうやって本人にヤル気を出させようか、

どうやって期限を守る事の大切さを伝えようかと躍起になった事もあります。

しかし、

この子は「やりたくない事は死んでもやらない」を徹底しており、

これはもう才能としか言いようがない。

こんな世間的にはダメとされている事に実は大きな才能が隠れていると本田氏は主張します。

叱られることは、世間的に見たらやってはいけないことですが、裏を返せば他人が持っていない、 あなただけが持っている才能である可能性があります。
chapter4:才能を発見する道はネガティヴな方向にある より


短所もれっきとした才能であるという考え方は、日本ではありえない考え方ですよね。

発想が欧米的でこういう考え方は嫌いじゃないです。

私たちは小さい頃から短所は直すべきところ、良くないものと教えられて時には矯正されてきました。

「あなたのその飽きっぽいところが最高だね!」なんて言ってくれた先生なんて皆無ですし、(今でもいない)

長所を挙げろと言われても数えるくらいしか出てこないけど、短所を挙げろと言われたら100個くらいでてくるはず。

短所なんて誰でもありますからw

そこには大きな才能開花のカギが隠されているんですね。これは初耳。

ちなみにBlissも短所を挙げたらいっぱいありますけど、

「トロい」「仕事出来ない」「要領が悪い」「物覚えが悪い」など日本社会では生きていけない要素ばかりなので

このあたりを生かすと良さそうですね。


たとえば言われて頭が真っ白になること

人は図星を突かれた時、頭が真っ白になることがあります。才能を指摘されて頭が真っ白になるなら
それはあなたの才能である可能性が高いのです。
chapter4:才能を発見する道はネガティヴな方向にある より


わおッ!

どういうことかと申しますと、例えば、

「あなた、このレポートすごく上手にまとめてあるね!上手だね!」と意外なことを褒められた

シチュエーションを想像してください。

その通りのことを指摘されると、人間は頭が真っ白になるようにできているそうです。

つまりこの場合、実はあなたに文書を上手にまとめる能力がある。

誰かに意外なことを褒められてきょとんとしてしまったとき。

よく思いだすとありますよね・・

自分に当てはまらないから頭が真っ白になるんじゃなくて、

自分に当てはまっているから頭が真っ白になるんだったんですね。

なるほど、発想がスゴイ。

たとえば他人のスゴさを見て落ち込んだ時

作家になる才能がある人は、他のすばらしい作品を呼んだとき、気分が落ち込むことがあります。
落ち込むことの周辺で才能が見つかることのあります。
chapter4:才能を発見する道はネガティヴな方向にある より


これはあるある。

落ち込むことなんてしょっちゅうありますね。

そう言われてみれば、音楽や芸術の分野で大活躍している世界的な有名人だって、

他人の優れた作品を見て凹んだり嫉妬しまくったというエピソードは枚挙にいとまがないほどですし、

天才と言われる人ほど一度は凹んでボロボロになっている印象がある。

誰にでも才能がある、と聞いて「あるわけねーだろ。あったら今ごろこんな仕事してねーわ。」と

スネたくなるBlissのような方は是非図解 自分の才能の見つけ方を手に取ってみて下さい。

そして出来れば第三者に「私の良いところは?」と聞いてみるといいかも。

例えば旦那さんや奥さん、兄弟、親友などあなたを良く知る人。

気づかなかった良いところを知っているはずです。

三連休最終日は「2016年自分の旅」に出かけましょう。

いつも読んで下さってありがとうございます。