読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねたら浮上していった件

ポジティブ系マイルドヤンキーとまったり行こうぜ

「らふらく」を運営されている、タクスズキさんのブログでグッと来た記事がありました。

laugh-raku.com

「田舎あるある」ってトレンドワードなのか、

まとめサイトでもよく見かけますが、

関東の田舎と地方の退廃的な田舎(失礼!)ではまた違った雰囲気がありますね。

「乱立するチェーン店に彩られた国道・・」あるあるw


ポジティブ系マイルドヤンキーとまったり行こうぜ

うちの田舎は、隣が東京都という恵まれた所のせいか田舎と言えど交通の便は良く、

都会からの情報伝達ラグも感じません。

日本津々浦々、田んぼが広がる日本の原風景を思わせるような田舎は多いですが、

ここは山々に囲まれたムーミン谷風田舎といった趣があります。

住民の比率はおなじみの「マイルドヤンキー」と「それ以外」が半々くらい。

意識高い人達は都内に住んでいるか都内の企業に通勤しています。

(そのくらい都心に近いド田舎です。)

ここのマイルドヤンキーは適度に都会の洗礼を受けており見た目はハイソなのですが

口からついて出る言葉は「三代目J-SOUL」とか「地元のセンパイ」とか「○○さんとモトチュー(元中)」とか

バリバリのヤンキーワードが健在。

見た目とのギャップに、そうだここは地元だったのだと思わされます。

そして何より、マイルドヤンキーには欠かせない要素である、「地元の同級生と早くに結婚する」という鉄板ルールも

忘れていません。

そんな「陽」の気を持ったポジティブ系マイルドヤンキーをご紹介します。

うちの田舎はポジティブ系マイルドヤンキー

タクスズキさんもおっしゃっていますが、田舎ではいっそマイルドヤンキーになっちゃった方が幸せです。

都会の思考を持ったまま押し通そうとすると、必ず周りと軋轢を生じますし、

変わり者と思われてムダに敵が増えるだけです。

自分のクビを締めるだけです。

都会から帰ってきた独身者、となれば田舎ではほぼ「異端者」のレッテルを貼られるわけだし(割とマジで)

結婚して育児をするという田舎のルールに従うのが一番いいかもしれません。

その点、

多くを望まないマイルドヤンキーの生き方は理にかなっている。と言えます。

うちの田舎では幸い、シャッター街などはなく駅前もまだ活気が溢れており、

何より地元企業も頑張っています。

最低賃金も東京並みなせいかうちのマイルドヤンキー達の懐具合は良さげ。

金持ちケンカせず、失礼、豊かになると人は余裕が出てくるものなのですね。

荒んで破壊活動(!)に出ることはなく、見た目はオラついていますが立ち振る舞いは常識そのものです。

ちなみに良く言われる、マイルドヤンキーの人生設計がこちら。

・男子は高校卒業後そのまま地元企業へ就職。女子も結婚まで地元でフリーター生活 ・23~4歳頃に地元同士で結婚。すぐに子どもを2〜3人もうける ・土日はミニバンでモールへ出かけて家族でワイワイ ・イオンの中のGUやユニクロで衣服を調達 ・先輩ファミリーや同級生ファミリーと川でBBQ

日本の北から南、ヤンキーもそうでない人も

地元の田舎で結婚すると判を押したようにこんな感じになるんじゃないでしょうか。


安住して幸せな彼らに幸あれ

決して彼らをディスっているわけではなく、

Blissは地元志向で仲間に恵まれてワイワイ楽しそうな彼らが内心羨ましい。

というのは、

田舎に出戻った時、Blissに進んで声をかけてくれたのは幼なじみでもなく

ちょっとオラついているマイルドヤンキー達でした。

何かと意識高い人達と比較の対象にされる彼らですが、

地元の地産地消に貢献しているし、少子化の時代でもちゃんと地元で子どもを育てている。

これって何気にエライことです。

「俺の人生、家のローンと妻子に吸われて終わりか・・」

なんて嘆く事は決してなく、今の現状に安住し毎日を謳歌している。

正直羨ましいし、幸せとはそういうものかなと感じています。


そんなポジティブ系マイルドヤンキーに幸あれ。

いつも読んで下さってありがとうございます。

テキトーに優雅に生きよう テキトーエレガンス