読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねたら浮上していった件

考えるな、感じろ。宇宙とのパイプを太くするスピリチュアルな映画2つ

考えるな、感じろ。宇宙とのパイプを太くするスピリチュアルな映画2つ

2001年宇宙の旅で想像力を突き抜ける

ついにAmazonビデオで見つけてしまった・・

2001年宇宙の旅 (字幕版) 2001年宇宙の旅 (字幕版)

1968年の映画ですが、今でも全く色あせない圧倒的な映像美です。

ちゃ〜ちゃ〜ちゃ〜ちゃら〜〜〜ん (ドンデンドンデンドン)

シュトラウスの「ツァラストラはかく語りき」の曲をバックに月面から地球が昇る冒頭シーンはあまりにも有名。

しかし、実際にはご覧になった人の多くが

「意 味 わ か ら ん」
「I don't get it....(意味分からん)」

とポップコーン片手に立ち尽くしてしまう

中々上級者向けな印象の映画でもあります。

エライ人達には哲学的だとか瞑想的だとか色々言われています。

これはストーリーを考える映画ではなく、

「感じる」映画として非常に美しい映画。

そもそもCGもなかったこの時代に

宇宙船登場のSF的なシーンとか、猿人が出て来るシーンとか、

どうやったら取れるんだろう。

劇中で

現代でも違和感なく観れる演出を作るってスゴイの一言です。

少し冗長なところもありますが、

STARWARSなどのSF映画とは違う世界感に惹かれます。

さて、

現代版「2001年宇宙の旅」とも言われる(?)スピリチュアルな映画をもうひとつ。


Tree Of Life 「ツリーオブライフ」に受け継がれる宇宙の深遠さ

もっとマイルドに、ストーリーとしても楽しめる「瞑想系」作品があります。

ブラッド・ピットさん主演の「Tree Of Life/ツリーオブライフ」です。

ツリー・オブ・ライフ [Blu-ray] ツリー・オブ・ライフ [Blu-ray]

これね、なぜかすごく惹かれてしまい、

何回も何回も観てしまった美しく切ない映画です。

2001年宇宙の旅 (字幕版)と引き合いに出されるほどの内容なのでご注意ください。

さっきまでいたブラッド・ピットが消えたかと思ったら

唐突にジュラ紀の世界にシーンが変わり、今度はティラノサウルスが出てきたり、

かと思ったら細胞分裂を想起させるかのような意味深いシーンもあり

暗黒の中のまばゆい星雲の動きを延々と追ったり。

とにかく幻想的なシーンが多い。

どことなく2001年宇宙の旅 (字幕版)を彷彿とさせる、スケールのデカいスペクタルなシーンも

なぜかスケールの大きさが嫌味にならないのは不思議です。

ブラッド・ピットショーン・ペン主演だから人間ドラマだわーい!と軽い気持ちで観ると、

ポップコーンを片手にして「頭がついていけない」という体験をするハメになります。

よくスピリチュアルな世界ではブルース・リーの名言「Don't Think..Feel!!(考えるな、感じるんだ!)」を耳にしますが

21世紀宇宙への旅とツリーオブライフはそれを地でいく映画かもしれない。


映画の中では父子関係をテーマにして、人間愛とかそういうドラマ的な感動を与えてくれますが、

宇宙のヤバさを日々感じている人間には、もっと深いところを揺さぶられて

「宇宙ヤバいとか言ってすみませんでした。ありがとうございます」と宇宙に対して畏怖の念に駆られちゃうような

生きとし生けるもの、生と死、有限と無限、人間と宇宙、光と闇、

万物をクリエイトする宇宙を讃える映画です。

すみません、Blissのボキャブラリーではこれが限界ですが

個人的にはかなりヤバめな映画です。

ネタバレとなりますが、

特にラストシーンの美しさと言ったら、どこかの芸術作品のようなダイナミックな映像美に

思わずため息がもれるはずです。

欧米人なら「祈り」か。

日本人なら「合掌」にあたるのかな。

美しい映画です。頭を空っぽにして観たい映画。


「ツリーオブライフ」って、聖書がバックグラウンドにある欧米の方にはすんなりとくる概念っぽいんですが、

良く分かりません。

(ジャパニーズのBlissには「生活の木」と聞けば、某アロマテラピーのお店しかピンと来ません。某アロマテラピーのお店はこの映画とは一切関係ありませんw)

子ども達が遊んでいるシーンでF.クープランの「神秘的な障壁」をピアノ曲で使っていたのですが

情景とマッチしていてさすがの一言。

胸がキュンキュンします。

いつも読んで下さってありがとうございます。

テキトーに優雅に生きよう テキトーエレガンス