テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねよう。そして浮上しよう。

映画「鴨川ホルモー」で多分サードアイが開く気がする


amazonプライムビデオシリーズ、今回は「鴨川ホルモー」を観ました。

原作の本は読んだことないのですが

タイトルとパケでムムッ、これは面白いパターンだと直感。

案の定、爆笑しながら観ました。

鴨川ホルモー

ヤバい。これは個人的メガヒットかもしれない。

肩の力を抜いて、出来ればビールでも片手に観て下さい。

酔っぱらいながらテンション上げて観ると更に10倍は楽しめそうです。

むしろシラフだと途中で引いてしまうかもしれないw

Amazonのレビューとかはサラッと見る程度に収めて

さっさと本編をご覧ください。

レビュー見ても、式神だのホルモーだの何のことだか意味不明だと思うのでw

京都と混沌と変態と

京都を堪能する映画に違いありませんが、

ひとつ注意して頂きたいのは「鴨川ホルモー」は京都のみやびだとか景観を堪能する映画ではなく

京都の混沌と変態(&京大吉田寮)を愛でる映画です。

。汗臭い学生たちの寮を見せられます。

かの織田信長が京の比叡山を攻め入ったように、決闘シーンもあります。

極めつけは裸の殿方と一緒にレナウン娘」を踊らなくてはいけないところです。

少しでも裸に抵抗を感じたり、レナウン娘って何?とピンとこないならば、

画面をそっと閉じましょう。

京都ヤバい。

わずか2〜3日の旅行で京の魔力を垣間見てしまった身としては

この映画は危険だと思いました。

繰り返し観たあかつきにはおそらく額のサードアイが開眼するでしょう。(多分)


意味のないことでも本気になれた時って最近あっただろうか

それにしても、いいな〜青春って。

若い頃、不完全燃焼でくすぶっていたBlissには、安倍も高村も楠木も、

百万遍寮で思想に耽る汗くさい寮生たちですら、

鴨川の水面のようにキラッキラ輝いて眩しくうつります。

意味のないことを本気になった時って最近あったかな?

と考えてみました。

すぐに、ないよな〜・・とうなだれました。

なぜ私達は何かにつけてそこに意味を求めてしまうんだろう。

劇中の彼らはサークルの使命こそあれ、ホルモーはハッキリ言って意味のないことです。

でも全力投球でやり尽くす。没頭する。

仏教のエライ人が言う、「三昧(サマーディ)」とはまさにこのことではないだろうか。

あ、違うかw

突き抜ける姿は美しい。

埋もれちゃった心のピュアな部分に、ぽっと火が灯った気がします。

※ちなみに登場人物はみな、歴史上の著名人から取っているようですね。

安倍明と楠木さんで、安倍晴明楠木正成かな〜なんて思ってたらそのようでした。

♪レ〜ナウ〜ン レナウン娘が〜

f:id:Bliss_Blink:20160808165336j:plain

鴨川ホルモー

鴨川ホルモー