読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねたら浮上していった件

正当なハッタリをかましてみる

こういうの大好きだw

HAHA! くっだらね〜、と笑って済ましてしまうけど、

よくよく考えてみれば、私達はいかに第一印象だとかブランドとかに影響されて本質が見えていないのかということを

揶揄しているんじゃないか・・。

さらに考えてみれば、このお遊びは、

願望達成までの行程だとか全部すっとばして、人間思ったらすぐにでも「なる」能力を秘めていることを

意味しているんじゃないか・・・ッ!

だとすれば遊んでいるように見えて、実は深〜い人間心理を突いているニクい実験だったりして。

な〜んて。

どう見てもただのお遊びみたいです。

でもデイリーポータルさんの意表を突いたブッ飛んだ発想が大好きだ。

刺激されまくっています。

嘘でも「成りきる」ことは大事なのかも

デイリーポータルの「成し遂げたテク」の話面白かった〜

ポチッ(そっ閉じ)

・・・・

待てよ・・?

そこでふと、ある成功者が勧めるメソッドを思い出しました。

「お金持ちになりたかったら高級ホテルのラウンジに通って一杯1000円するコーヒーを飲み続ける」

というメソッドです。(確か苫米地英人さんだったような・・忘れた)

どういうことか簡単に説明します。

お金持ちマインドになる=お金持ちになる

「お金持ちの集まるところでお金持ちのフリをすれば、

自分もお金持ちマインドが身に付く」

という理屈のようです。


(c) .foto project

なんのこっちゃと思うかもしれませんが、

お金持ちの真似をする、つまり「お金持ちになったフリ」を続ける事で、

そのうちオシャレなラウンジでコーヒーに1000円も出すことを何とも思わなくなる。

意識し始めるということは、自分がお金持ちであると錯覚し始める。

そしてゆくゆくはお金持ちになってもいいんだと、

自分に許可を下す事につながるのかもしれません。


お金持ちの集まるところはお金の気が流れているから

お金持ちの集まるところにはお金が集まる、

「お金はお金が沢山あるところに集まるの法則」を頭に入れておくと合点がいきます。

つまりお金持ちのところには更に多くのお金が行くので

一緒にいれば自分にもお金が入ってくる。→お金持ちになる。

おお、そういうことか。

「成りきる=願望に直結する」

「お金持ちマインド」を味わうということに意味があるんだと思います。

あまりこの言葉は使いたくないんですけど、

いわゆる「引き寄せ」本にはなりたい何かになりきる重要さが

必ず書いてあったりしますよね。

嘘から出たまこと、とはよく言いますが

ブラフしていると宇宙がそれに向けてバックアップしてくれると信じていますので

よし、今日からなりたいものがあったら、

ハッタリ言ってみる事にします。

その前に高級ホテルのラウンジに行かねばッ!

あ、やっぱりメトロポリタンのラウンジ「すずかけ」で充分満足ですはい・・。

テキトーに優雅に生きよう テキトーエレガンス