テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねよう。そして浮上しよう。

映画「銀のエンゼル」を観てあえてタブーをぶち壊してみる


「あの映画が面白かった!」とエラそうにamazonプライムビデオで観た映画を語りますが

じつは会員無料映画しか見ていません。ホントすみません。

そんなamazonプライムビデオですが、

好んで見る映画に偏りがあるなと感じていましたら、個人的に好きな映画設定があるようです。

  • 地方が舞台であること
  • 漂う場末感、生活臭がプンプンすること
  • ローカル鉄道、または年季の入ったキハ車両がチラッと出てくる
  • グロ、ホラー、サスペンスなどの重過ぎる映画は観ない
  • 酒飲みながら気軽に観れるほんわかムードの映画であること
  • 自然な言い回しのセリフであること
  • 観た後の余韻がほんわかする
  • 七転び八起きっぽい展開がある

あまり女子や若者受けはしなそうですw

おいおい、お前は映画に何を求めているんだよ、と冷静になると笑えてくる。

でも確かに、この条件設定がそろった映画ばかり観ている。

こういうゆる〜いド田舎が舞台の映画って不思議な魅力があるんです。

今日はそのド田舎が舞台の映画の中からひとつ、

銀のエンゼルを挙げたいと思います。

銀のエンゼル

水曜どうでしょう」のミスターこそ鈴井貴之さんが監督を努めているので、

当然NACSメンバーもみなさん出演していらっしゃいます。

もじゃもじゃ頭のあの人も出ています。

以下ちょっとネタバレありです。


「東京の大学に進学するんですって?」

田舎のタブーに触れてみる!

舞台は北海道のとある小さな町。

その町の(おそらく唯一の!)だだっ広いところにポツンとあるローソンが舞台です。

フランチャイズでローソンを経営するオーナーの北島。娘の由希。

娘に関心を示さず、流されるまま生きてきた北島。そんな北島は妻からも由希からも愛想を尽かされます。

由希は「東京の大学に進学したい」という夢を父親の北島に伝えられないまま

ある思い切った行動に出ます。

──────────

シーンの随所にがちりばめられている、ド田舎特有のルール「噂は次の日には町の外れまで広まる」というアレ。

田舎暮らしを経験した人なら誰でも経験するあの通過儀礼です。

オーナー北島の娘、由希も秘密をバラされ町中の人が知ることとなります。

「だからこの町イヤなんだよ・・。」

うんうん、

画面越しにヒシヒシ伝わる、田舎特有のやりづらいアノ感じ。

限界集落がそこらじゅうにあるド田舎育ちの人は分るかもしれないけど、

周囲の人って内心、田舎を出る人を快く思っていない。

Blissも田舎を出るとこぼした時に

「ふ〜ん・・出るんだ〜」みたいに露骨な態度を取ってくる人いたしw

地元の同級生とか一度も地元を出た事のない人ほど

羨望というか嫉妬も混じったような態度を取ってくる。

何とも言えない閉塞感というか圧力のようなものを感じました。

タブーからの使者

北島から一目置かれる存在でありながらすべてが謎の深夜バイト、佐藤耕輔(西島秀俊)が

この映画のキーパーソンのように感じます。

ある夜、佐藤はこともあろうか営業中に北島に酒を勧めてきます。

とがめる北島を尻目に、

じゃあ頂いちゃいますよとグイッと酒をあおる佐藤。

「ダメなことなんてないんですよ。」

ここから北島の心を揺さぶる、こちらも思わずハッとするような事を言い放ちます。

「たまには杓子定規を外して・・モノには色んな見方があるもんですね。
自分一人じゃなかなか気がつかないんですけど。」

自分の思い込みの枠の外に出ること、枠の外に意外なブレークスルーがある。

あれ、どこかで観たような・・。

そう、以前そんな答えを教えてくれる映画「最強のふたり」を思い出しました。

さらに佐藤はこう続けます。

「あまり杓子定規にならず、たまにはハメを外してみるのもいいんじゃないですか。
何か違って見えることがあるかもしれません。
もちろん何もないかもしれませんが。

──もちろん何もないかもしれませんが。

これ。

大人は何かに期待しないで動くことって難しい。

結果はどうなるか分りませんと言われたら、ハイ、じゃあやりませんってなっちゃう。

期待せずに行動するなんてタブーなんです。

でもあえて、何もないかもしれないけどハメを外してみる。

どう見えるか期待をせず杓子定規を取る。

杓子定規を外す、この場合は

「東京の大学などあり得ない」→「地元で就職すべきだ」という決めつけをやめること。

「自分が勝手に描いている娘とのビミョーな距離」をぶち壊すこと。

「自分を守るシールド」その変なシールドをぶち破ってみること。

極めつけは自分が「タブー」だと思っていることを破ること。

「コンビニ店員が営業中に酒飲む」というタブーを犯すこと!!

そこに宝がある。奇跡がある。

北島がそのタブーを破った時にある奇跡が起きるのです。

────

底冷えしていた心がホッと温かくなる、人情ほっこり映画かと思いきや、

ぴりりと辛い宇宙からのヒントが隠されている、

鋭い映画でした。おススメ。

大泉洋さんに言わせれば

「オシャレのオの字もねぇ、ボコられたモジャモジャ頭と厳寒の北海道しか出てこない映画」

とでも言いそうですw

冒頭のラジオでの聞き覚えある声はミスター(鈴井貴之さん)なんですね。