読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねたら浮上していった件

ココロがふわっとするおすすめ本

【敏感すぎる自分を好きになれる本】HSPであってもそうでなくても必読の本。

HSP(とても敏感な人)の存在を知る。 気をつかいすぎて生きづらい─。 生活に支障が出るほど周りの物事を敏感に捉えてしまう気質を持つ人のことを HSP(Highly Sensitive Person:敏感すぎる人)という一つの個性として確立されているそうです。 心当たりがあっ…

大嶋信頼【「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法】でもう悩まない。

ここのところ怒濤の読書週間に入り、本ばっかり読んでいて反抗期の娘から半ば呆れ顔で「ママってコミュ障?」と言われます。 こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。 最近は書評ばっかり。サーセン。 「大嶋メソッド」入門編 とりあえず大嶋信頼さんと「大嶋…

「のうだま」で脳のやる気スイッチの押し方を初めて知る

あなたは三日坊主ですか? 新しい習慣が飽きずに定着していますか? いいえ!と即答できる人は少ないはず。 なぜなら、殆どの人は基本的に三日坊主だから。 殆どの人が三日坊主におちいってしまうのか、それにはちゃんと医学的根拠がある。 解剖学的な観点か…

「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」で知る、ノリのよさと没頭すること

今さらですが、堀江貴文さんことホリエモンのゼロ なにもない自分に小さなイチを足していくを読みました。 堀江氏の文、すごいな〜。 描写がすごくていねいで、冒頭からグイグイ引き込まれていきます。 堀江氏が一人、拘置所のせんべい布団の中で枕を濡らす…

思わずハッとさせられる斎藤一人さんのつぶやき最新3つ

(c) .foto project 自己啓発と言えば必ず名前が出てくる「銀座まるかん」の創業者斎藤一人さん。 斎藤一人さんの名を一躍広めた「ツイてる」という、どう見ても胡散(ry なフレーズはどうなのかと疑った時もありましたが、 宇宙にゆだねる生活を始めてから、…

ピンチの時こそ天国のばあちゃんへ祈れ!

万物は動いております。 平家物語の冒頭の一節、「諸行無常の響きあり」なんてフレーズが出てきましたが 物事が停滞していたら何か捨てちまえよと教えてくれたのは 幾多の「断捨離本」でもなく。 宇宙を信頼することです。 石田久二さんの『夢がかなうとき、…

奇跡はこんな事でカンタンにおきる

私がよく記事内で言っている「宇宙」という存在について。 スピリチュアルな世界に一度傾倒したことある方なら見慣れた言葉ですが、お願いでも愚痴でも何でも聞いてくれる存在を私は便宜上「宇宙」と呼んでいます。私たちの心臓を動かしたり呼吸をさせている…