読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねたら浮上していった件

中毒になる前に自己否定をやめて、もう一度自信を取り戻すガイ・ウィンチ氏のTED【癒しの金曜日。】

f:id:Bliss_Blink:20170308214249g:plain

先日、「世界一受けたい授業」に出演されていたガイ・ウィンチさん。

彼のスピーチがかなり面白かったのて調べてみたら

TEDのスピーチを発見。

TEDの中では嫌なことや悪いことを中毒のように繰り返し考えてしまう「反芻」についても触れていた。

これも興味深いので貼付けてみる。

体は手当てするのになぜココロは手当てしないの?

5歳の幼児ですら、手をケガしたら自ら絆創膏を取り出して手当しようとするというのに、

何でココロのことに関してはほったらかしなのだろうと疑問を投げかける。

「そんなの気の持ちよう」「気にし過ぎだよ」

「ど〜んと行け!」「飲んで忘れようぜ!」

ココロ、つまり精神面については特に、「気の持ちよう」という一見合理的な考え方で片付けられてしまう。

これを体で当てはめてみると分かる。

「転んで頭切っちゃった。」「そんなの気の持ちようだよ。」

「胃が痛いんだよね。」「何とかなるよ。」

体もココロも同じ扱いをされるべきだと、

ガイ・ウィンチさんは「精神」の衛生がおざなりにされている現実に警鐘を鳴らしています。

どうして僕達は歯のケアには時間を費やすのに 心のためにはそうしないのでしょうか。
なぜ身体の健康をこんなに重視するのに、心の健康にはそうしないのでしょうか?
ガイ・ウィンチ: 「感情にも応急手当が必要な理由」より

精神の「衛生」が軽視してしまうのは医師でも周りの人でもなく、私たち本人。

本人が一番心のダメージに無頓着だからこそ、傷ついても「なかったこと」にしてしまう。

その結果「傷」は無視されて、治されず何度も傷つけられた深い心の傷はついに深刻になり、

うつ病に発展してしまうのかもしれません。

自己否定は体をナイフで突き刺すことと同じ!?

「こうだったらな」「こうでなければよかったのに」

無意識に続けている自己否定は、自らの腕をナイフでどこまで切れるかとグサグサ傷つけていくことと同じだと例えます。

自尊心を損ねるそれらの行動の中でも一番怖いこととして、

あの「嫌なことを反すうしてしまう癖」を挙げてその危険性について教えてくれます。

最も不健康かつ一般的なクセは反すうです。 反すうとは何度も噛み続けることです。上司に怒鳴られた時教授に授業で馬鹿にされた時 友達と大喧嘩をした時、その場面を何日も頭の中で繰り返さずにいられません。 時には数週間です。 こういった腹の立つ出来事の反すうは簡単にクセになり、しかもその代償はとても大きいんです。

嫌なことを思い出してはウジウジ悩んでしまうあの「反すう」。

嫌な気分になるのに頭から離れない、妙な中毒性をはらんでいる気がします。

↓憂鬱な気分に急降下するのは分かっているのにね。止められない。

bliss-blink.hatenablog.com

そんな気分に苛まれたことがあると、ガイ・ウィンチさんは自身の経験に触れます。

2分間だけ気を紛らわす

双子の兄がガン闘病した時のことについて触れています。

悪い方へ悪い方へと考えてしまう心を鎮めるために

ガイ・ウィンチさんは気分をそらすことを徹底しました。

研究によると たとえ2分間でも気を紛らわすと良いんです するとその瞬間は反すうの衝動から解放されます。
ですから不安や動揺、ネガティブな思考におそわれた時はいつも僕は衝動が去るまで
他の事に集中するようにしていました。
1週間もしないうちに物の見方が変わりました。

2週間後には物の見方が変わってポジティブになり、しまいには希望をもてるようになったというから

反芻がいかに負に引きずり込む力があるか驚きます。

時を同じくしてお兄さんの病状がみるみるよくなったのも、ガイ・ウィンチさんの表情が明るくなったことで、

お兄さんの心境に何らかの変化があったからかもしませんね。

「病は気から」という言葉の通り、心の力ってあなどれませんよ。いや、ホントに。

さて、

ガイ・ウィンチさんのTEDをここでもう一度おさらい。

1. 体と同じように心も手当てする。自分をねぎらってあげよう。
2. 何があっても自己否定はやめよう。自分の腕をナイフで傷付けるのと同じ。
3. 反すうはその場でストップ!2分間だけ意識を反らす。

今週受けた小さな心の傷は金曜日のうちに手当てしましょう。

\しかも今ならKindleで一気に75ページ試し読み出来るそうです!/

超試し読み版 NYの人気セラピストが教える 自分で心を手当てする方法

超試し読み版 NYの人気セラピストが教える 自分で心を手当てする方法

今すぐできることは「嫌なことの反すう」をやめること。

今週ああだったな〜、これやればよかったな〜、あんなこと言わなければ・・

ハイストップ。それ中毒です。

尊いあなたの心をズタズタに傷つけることは今すぐやめましょう。

それではただのマゾです。

2分間だけ気を反らしましょう。スマホで動画でも観ていればあっという間に2分経ちます。

週末は自分を癒してあげて、心身ともにスッキリと来週を迎えたいものですね。

いつも読んで下さってありがとうございます。

【うつヌケ】今読みたい本とかポチった本。心の解毒剤編。

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

今読みたい本。

↓最近Twitterなんかで話題になってるこの本。

長い長いうつのトンネルから脱出した人たちの話らしい。

↓しかも第一話から第四話まで無料公開中なので要チェック。

www.to-ti.in


さて次の気になる本は

↓先日の「世界一受けたい授業」に出演されていたガイ・ウィンチさんの本。

これはAmazonでポチった。

ガイ・ウィンチさんはNYの人気セラピストとしてTEDで脚光を浴びた人らしい。

あっちでは「会社帰りにセラピー行こ」みたいに気軽に足を運ぶ人が多いと聞いたが、

日本でセラピーが普及しないのはまだまだ「恥」の意識が強いんだろうと思う。

巷にあふれるカウンセリングはべらぼうに高いし、

「カウンセリングに行っている」「セラピーを受けている言ったところで

腫れ物に触るような扱いを受けるのは目に見えているし、

日本はその点でまだまだカウンセリング後進国だと思う。

「心のケア」がおおっぴらに言えない国だからね・・。

↓次はマニアックなこれ。

※表紙の人は"ローラ"ではありません。

オッケー♪ウフフ

パラマハンサ・ヨガナンダのある「ヨギの自叙伝」

「悟り」とか「二元論」とか「カレー」とかとにかくインド哲学がいっぱいつまった(であろう)本。

インドって何でこんな鉄人ばかり輩出するんだろうな〜。

ガンジス川のほとりでは死んだ人が毎日にように火葬されてその灰を川に流される。

その川の水が沐浴もくよくになり、子どもがキャッキャと水浴びをする。

何かこう、生きることに必死なんだよね。インドって。

毎日が生死に直結しているというか。

日本にいる限り絶対見ることのない隠されている真実も

インドでは丸裸で見れそうで、その点魅力的な国ではある。

コレ系の本はもれなく現実へ戻って来れなくなる危険も秘めているので、

やることがたて込んでいたり、慌ただしい時期に読むのは注意が必要。

だから読みたいけどちょっぴり怖い本。

ではでは。

憂鬱な気分を「今ここ」でサクッと抜け出す、プチマインドフルネス3つ。

考えること好きですか?

ザ・ネガティヴな私には考え出すとかならずバッドエンドになってしまう傾向があるので

最近ではあまり考え事をしないようにしています。

マインドフルネスという言葉が台頭したのってここ最近でしょうか。

本の新書コーナーにもマインドフルネス関連の書籍がチラホラ見受けられますね。

ストレスを解消したい。このネガティヴな思考を止めたい。

道具がなくとも「今ここ」に戻ることで憂鬱な気分から抜け出し、

ココロを健康に保つことができます。

そこで憂鬱な気分を今ここでサクッと抜け出す、プチマインドフルネスを3つ。

煮詰まったら家から出よう

一人頭を抱え込み憂鬱な気分に陥っている時はたいてい、

家から一歩も出ずにウンウン唸っている場合が多いです。

散歩がてらまず家から出ましょう。

コンビニ行くでも食用品の買い物にスーパーへ行くでも構いません。

「今日は混んでるな〜」

「あれ?こんなところに新しいお店が出来てる・・?」

目に飛び込んでくる安売りチラシとか、いつもの道のわきの並木とか、

外の情報は勝手に流れ込んでくるのでこちらが情報を選ぶことができません。

外の空気を吸うこともリフレッシュにつながりますが、

外に出る最大の利点は外からの刺激を取り込まれて、頭の中の偏った思考が勝手に洗い流されることにあります。

家にこもってネットを見たり、TVを観たりしている時点では自分が見たい情報を選んでしまっていることになるので、

頭の中は停滞して淀んでしまうことにつながります。

よく耳にする「情報の洪水」って言葉。良い意味では使われない印象がありますが、

停滞している時は自ら外に出て情報のシャワーを浴びてみるのもいいんですよ。

人に会いたくない気分だったらマスクをして外出すればいいんだし。笑


3回深呼吸をする

な〜んだ、深呼吸か。とあなどるのはまだ早いです。

腹式呼吸とかナンチャラ呼吸とか、深呼吸のやり方にこだわる必要はありません。

ゆっくりとただ空気の流れを追うだけで大丈夫です。

冷たい空気が鼻の鼻腔を通り抜け、のどを抜けて肺に入っていく → 

肺から空気がまたのどを通り抜け鼻腔を通り抜け外へ出て行く。 → 繰り返し。

それだけ集中してみてください。

7回くらいやり終える頃には頭の中がしーんとしているはずです。

不思議ですよね。いつもしている呼吸に意識を向けるとなぜか心が休まる。

作家のエックハルト・トールさんは呼吸で今に繋がる重要性を伝えています。

↓なるほど〜面白い。


また同じことを考え出したら「〜と考えた」とつける

人間は一日に6万回も考え事をしているそうですが、そのうち殆どが機能と同じことというから驚きです。

どうやら私たちは毎日同じことばかり考えては

一人落ち込んでいるようです。

とくに無駄なのは終わってしまった過去のことや変えられないこと、

考えても仕方のないことを延々と考えては落ち込んでしまう「やめたくても止まらない」あの反芻はんすう

何とか止める方法はないでしょうか。

臨床心理士の熊野宏昭(くまの・ひろあき)さんは末尾に「〜と考えた」とつけることで

簡単にループを回避できると言います。

textview.jp

シンプルですけどこれ、スゴイ効果あります。

「〜と考えた」と言うことでふと我にかえり、

マインドフルネスの原点でもある「今ここ」に気づいている状態へ戻ることが出来ます。

「あ〜あの時あの人の言うこと聞いていれば良かったのに・・(イライラ)・・と考えた。

「なんであんなことに・・許せない・・(シクシク)・・と考えた。

「〜と考えた」でしっくり来なかったら

「〜という夢でした。(テヘッ)」と勝手に夢オチにしてしまってもいいかもしれません。

「〜と考えた。そしてBlissは物憂げにふう、とため息をついた。」と勝手に小説風にしてしまってもかまいません。

「〜と考えたーッ!そしてここで出るか出るか、ここで手を出して額に当てたーッ!タイムアップかー!?」と古館伊知郎さんのように実況をしてしまっても構いません。

f:id:Bliss_Blink:20170307213226g:plain

コツはループ思考をここでストップさせること。

「〜と考えた」ぜひお試し下さい。

「今ここ」に気づいて我にかえる

禅や瞑想までいかなくても、ふと「今ここ」に意識を戻すだけで

考え事のループや無駄な悩み事から抜けることが出来るはずです。

どうでもいい思考から抜け出すことは決して気休めとかではなく、

「考えるのや〜めた!」と手放すことにもつながりますので実はとても効果的なことなんですよ。

↓あ、夜にあれこれ考えるのはクセになりますが有害なのでやめましょう。 bliss-blink.hatenablog.com

考える時は考える、そうでないときはな〜んも考えない!くらいでいた方が

精神衛生上良いです。(笑

ではでは。

実際にあったネットトラブルから学ぶ、娘にスマホを持たせたらまず教えたい最低限のこと

【iPhone 7 専用設計】 Anker GlassGuard iPhone 7 4.7インチ用 強化ガラス 液晶保護フィルム【3D Touch対応 / 硬度9H / 気泡防止】 A7471001

子どものネットトラブル対策講座を受けてきた

先日学校と県警察が主催する子どものネットトラブル講座を受けてきました。

今や小学生の6割が持っているというスマホ

LINEをはじめとしたSNSの普及とともにネットトラブルも増加傾向にあるのだそうです。

ネットトラブルの増加は親のネットリテラシーと比例する

ネットトラブルに巻き込まれやすいケースの特徴として、親のネット意識が弱いことが挙げられていました。

親がネットの知識に乏しいと、子どもにスマホを与えた後は子どもがネットで何をしているのか

どのくらい使っているのか無関心なりがち。

子どもの吸収力はすごく、アプリの操作方法を友達から見聞きしてかと思ったら

親の知らない間にLINEで不特定多数の「仲間」とつながってたりするんです。

toyokeizai.net

実際にあったケースを元に、まず教えておきたい基本のキを考えたいと思います。

ケース1:友達が写っている写真には許可を取る。

C子さんは、友達数人と海に行った時に撮った写真をSNSのアイコンにした。
水着の写真だったので後になって「恥ずかしいからやめて欲しい」という嫌がる友達が出た。
C子さんと嫌がる友達の間で亀裂が生じ、大きなトラブルに発展してしまった──。
対策→アップの際には友達に許可を取ろう


LINEやTwitterFacebookの背景やアイコンに自由に設定できる写真。

その写真からトラブルに発展したケースです。

この場合、A子さんには大したことない写真でも友達には不快な写真だったわけですね。

ネットに上げるということはみんなの目に入ることになります。

人には「肖像権」があることに触れ、

友達と撮った画像などをネットにアップする際には必ず友達に許可を取ることを教えましょう。

f:id:Bliss_Blink:20170306214303j:plain
▲同級生の女子だと油断していたら実はオッサンだった!?
※画像はイメージです

ケース2:顔出しはしない。個人情報には常に気配りを。

自撮りした写真の後ろに特徴的な建物が写っていたため、
SNSでつながっていた人から自宅を特定されて後を付けられた──。
対策→アップする前に写真をよくチェックさせる


自撮りで一番何が怖いかって、さりげなく写ったもので個人が特定されてしまうことに尽きます。

とくに未成年の子どもはツメが甘い。

テンション上がったままその場でパッとTwitterにアップしちゃって

個人情報ダダ漏れだった!なんてこともあります。

たとえそれが自宅でも同じこと。

ネット上にはおそらく自宅で撮られたであろう写真・動画などが見受けられますが、

そこに名前の入った教科書が写っていたり、スナップ写真が写っていたり・・。

人気ユーチューバーなどは自宅を特定されて押し掛けられたりと、

常に危険と隣り合わせのリスクがあり、

中には何度も引越しを余儀なくされているユーチューバーもいるとか。

ひえ〜。 個人の特定に至る要素が入らないよう、アップする前によくチェックさせましょう。

f:id:Bliss_Blink:20170306214823j:plain
▲アップする前に周りに個人を特定できるものが写っていないかチェック。
自宅周辺の自撮りはとくに気をつけて!
※画像はイメージです


さて、最後にちょっと怖いトラブルの話です。

ケース3:知らない人とはつながらない

A美はSNSで知り合った同い年の友達B子と頻繁にLINEをする仲だった
ある日B美から「私の胸小さくて悩んでいるんだけど、どう思う?」と女児の胸の写真つきでLINEが来た。
そのうちA美の胸を見たいとB子は言い出した。
言われるがままA美は自分の胸の写真を送ってしまったが、後になって不審に思ったA美は両親に相談。
警察が介入してあとで判明したことは、B美は同い年でも女性でもなく、成人男性だった──。
対策→会ったこともない人を信用しない


A美さんは完全にB子の人物像を信じきっていました。

もしこんな状況に置かれたら、どんなに賢いお子さんでも抵抗なく写真を送ってしまう心境になるでしょう。

そこを油断させた非常に悪質なケースですよね。

B美自身だという顔写真や胸の写真はおそらくネットで拾った無関係の人の写真だと想像できます。

まさにネット被害を象徴するかのようなケースでゾッとしますね。

子どもにはいくら相手が名乗って顔写真を見せたとしてもウソをついている場合があること。
そして、一度ネットに上げた写真や情報はすべて回収することができないことをしっかりと教えておくべきですね。

知らない人とむやみにつながらないことが一番の予防策なのですけどね・・。

ネットは友達だけにつながっているわけではない

ネットはお友達だけではなく不特定多数の人にも見られる機会があることを

しっかり教えましょう。

ネットにそれほど詳しくない親御さんが勘違いしていることのひとつに

特定の友達「だけ」としかつながっていないと思っていること。

f:id:Bliss_Blink:20170305223046g:plain

↓でも実際はこう。

f:id:Bliss_Blink:20170306210127g:plain

特定の友達以外からも容易に入り込めますし、

公開するということは不特定多数の人からも見えるということ。

よくネットの世界を海に例えられますが、

広い海にいる無数の人とつながる危険性があるということを親もしっかり認識するべきです。


すっかりスマホが社会に浸透して、今や小学生があたりまえに持っている時代。

便利なものにはリスクがあることを子どもと一緒に考えたいですね。

そんな時代だから今では学校教育の現場でも親のネットリテラシー教育に本腰を入れているようですので、

ネット知識に自信がない場合はぜひ、学校のネット講座などに参加されてみてください。

ではでは。

大嶋信頼【「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法】でもう悩まない。

ここのところ怒濤の読書週間に入り、本ばっかり読んでいて反抗期の娘から半ば呆れ顔で「ママってコミュ障?」と言われます。

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

最近は書評ばっかり。サーセン

「大嶋メソッド」入門編

とりあえず大嶋信頼さんと「大嶋メソッド」を知るきっかけになったこの本。

入りやすいキャッチーな本のタイトルや易しい文章から、ありきたりのココロのサプリ系本かな〜と。

ハイ、勝手に先入観を抱いておりました。

中身は大嶋先生の過去の出版本をまとめた感じで読みやすく、

易しい語り口ながらも「大嶋メソッド」のエッセンスがぎゅっと詰まっています。

まず著書の大嶋先生ですが本にある経緯を見ると、

依存症治療の専門医院などで精神医療に携わってこられ、

現在は「FAP療法」を中心とした心理カウンセリングを独自に開発している方のようです。

実はこの本以前にもかなり内容の濃〜い本を沢山出していて、

真摯にクライアントへの熱意が伝わってきて、どの著書もアツいです。

何らかの原因で持ってしまったトラウマや、心の根底にある何らかの恐怖感に

簡単な方法でアプローチする内容は一貫していて、そのメソッドは多岐にわたります。

・・・

とまあここまでが大体の概要!(ふう〜)

「大嶋メソッド」と言われるメソッドには「特定の遺伝子の名前」を唱えたりする一見変わったものから

「○○の恐怖」と根底の恐怖を特定して癒していく方法など、

簡単なのに奥がすんげー深い。


ココロにすぐ効く大嶋メソッド

大嶋先生が一貫して伝えていることの一つに、

他人の思惑がどーっと流れ込んでくる「ミラーニューロン」という考え方があります。

↓知らずに誰かの影響を受けちゃう「ミラーニューロン」のしくみの話はこれ。

人は脳を通じて無線LANのようにつながっていて、

その「脳のネットワーク」を使って他人の悪い情報や嫌なことが流れてきてしまうことがあり、

流れ込んだ他人の考えを自分の考えだと錯覚してしまうそうなのです。

何それ怖っ!!

そこで大嶋先生は独自の暗示を編み出し、この「脳のネットワーク」をシャットダウンしたり

書き換えたりして自分を守ろうと試みます。

「自我防壁!」と唱える

単刀直入に言ってしまえば大嶋メソッドの真髄はおまじないのように唱えるだけの気軽さ。


▼他人の評価を気にしてしまう時は心の中で「自我防壁じがぼうへき!」と唱える → 
他人と自分の間に壁が出来て気にならなくなった!スッキリ〜。

これだけなんです。

「ジガボウヘキ」なんてまず響きが良い。(笑)

とは言え「魔法の言葉」とか「おまじない」とかスピリチュアルな意味を含んだものじゃなく、

大嶋先生が臨床の現場で検証を重ねて考案されたものなので

仮面ライダーの技の名前か何かと言ったら怒られそうです。

(この辺の経緯は過去の著書にあるので読んでみると面白いです。)

「自我防壁」の仕組みは簡単に言うとこう。

大嶋先生曰く、赤ちゃんの頃に作られるべき母親との距離が作られず、

自分を守る壁が形成されなかったことに由来するとのこと。

そこで「自我防壁!」と唱えることで瞬時に他人の思惑から自己を守ることができ、人間関係までスムースになってくると言うのです!

ほんまかいな!

とにかくメカニズムがどうとかは一切知らなくても効果があるので唱えてみた方が良い。←これがミソ。

実際唱えてみると効きますよ。

うるさかった心がシンと静かになり、さっきまで気を揉めていた目の前のことが気にならなくなる。

人から嫌味を、嫌なヤツからの攻撃、他人と比べてしまう時・・

色々なシーンで「自我防壁」と唱えてみることにしていますが、

少しずつ他人から影響されて心が滅入る機会が減って、嫌なこと自体起きなくなったような・・。

続けてみます。


「心よ!」と心に聞く

ここでは心に聞く言葉、「心よ!」にも触れています。

常に頭の中に浮かぶ思考。それって本心なのかそうじゃないのか、区別することは難しい。

そこで大嶋先生は「心よ!」を「タグ」代わりに頭につけて聞いてみることで、

何の干渉も受けない本心(無意識)からの答えを引き出せると言うのです。

この「心よ!」が無意識のアクセスへの重要なキーワードとなっており、

必ず「心よ!」をつけて質問することを推奨しています。

「心よ!今日のお昼はこっちがいいですか?
それともこっちですか?」

「こうするといいよ。」


このメソッドを知ってから上記のようなくっだらないことでも心に聞いたりしていますが、

今のところ信憑性100%。

心の教えてくれた答えが後で正しかったことがあったりして、内心すごく驚いてます。

慣れないうちはすぐ返事が返ってこない時もあります。

今すぐに「心」から返事を得られなくても、後になって「サイン」として教えてくれたり、

必ずなんらかのかたちで示してくれるので、

コツは「心よ!〜ですか?」と、ちょくちょく心に聞いてみることでしょうか。

「心よ!」メソッドってつまるところ、常日頃から「直感」「サイン」としてやってくるあの場所、

宇宙からの答えなんじゃないかと思い始めています。

うん。そうに違いない。

↓こちらの記事を一通りやってみれば「心よ!」マスターになれます。(多分)

www.brieftherapy-counseling.com


大嶋メソッドを知りたかったら過去の著書もぜひ!

ここでは「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法の内容を中心ですが、今回紹介したのはごく一部。

さらに大嶋メソッドについて知りたかったら

ぜひ過去のこの「無意識さん」とか↓

↓「○○の恐怖」メソッドを紹介しているこれとか

ぜひ過去の著書も目を通してみて下さい。

特にオススメはそれ、あなたのトラウマちゃんのせいかも? あなただけの簡単な言葉を唱えるだけで、”いまここ”で楽になる!に出てくる「○○の恐怖」メソッド、

「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法に出てくる「心よ!」メソッドは覚えておいて損はないと思います。

深すぎて手が届かない心の奥底の濁りとか澱みとかを

いかに優しく取っていくかを日々検証している大嶋先生の姿勢にはすごいな〜と思います。

ではでは。

【この世でいちばん大事な「カネ」の話】は学校の図書室に置くべき本。底辺が食っていくためのヒント4つ。

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

↓一気に読んでしまった。

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)

学校じゃ教えてくれないお金の本質を教えてくれる本

メディアなどで先行するサイバラさんのイメージでどうも本に食指が伸びず、

いわゆる「興味ナシ」な分野の方だったのですが(失礼!)

ガラッと見方が変わりました。

赤裸々に語られる壮絶な育ちもさることながら、

薄い文庫本ですがその内容は旨味が凝縮された熟成肉のよう。

「カネ」の本質を的確に見抜いたスゲー本だと思います。

いや、サイバラさんがスゲー人なんだろう。

この本にはビシビシ胸に突き刺さる「カネ」「働くこと」へのヒントが沢山散りばめられていたので、

我々底辺が食っていくためのヒントを抜粋してみた。

ヒント1:上を見ない。戦うところを間違えない。

そんなの最初っから「負け組」だって。
だとしたら、それはトップの人間に勝とうと思っているからだよ。
目先の順位に目がくらんで、戦う相手を間違えちゃあ、いけない。

─自分で「カネ」を稼ぐということは、自由を手に入れることだった。─ より

これは私たちにも言えること。

私たちはやる前から「ムリムリ。」と勝手に諦めてしまう時、

遥か上の成功してキラキラしている人達と自分を脳内で対決させてしまうからなんですよね。

そりゃ勝つわけないしヤル気もなくします。

著書のサイバラさんが上京してまもない苦学生だったとき、

上には上がいる現実に愕然としてしまい、早くも崖っぷちに立たされます。

最初からこのエリート達と同じ土俵に立って戦ってもかないっこない。

f:id:Bliss_Blink:20170303233711g:plain

そこで「底辺」なら「底辺」の戦い方があると、

ある裏ワザを使って自分の生きるべき道を切り開いていきます・・

戦うところ違うよ!というのはつまり下の人にはちゃんとやるべき所が用意されているということ。

それを探した方が上の人と対等にやり合うより精神衛生上いい。

そういえばホリエモンさんも、殆どの人はやる前からピシャリとトビラをしめて勝手に諦めていると揶揄していたっけ。

サイバラさんだから出来た、ホリエモンだから成功した。

そうとも言えるし、そうとは言えない。

「よっしゃ!」とガッツを入れてやるか、やらないかの違いだと思います。


ヒント2:「どうしたら」ではなく「何が出来るか」と問う

「どうしたら夢が叶うか?」って考えると、ぜんぶ諦めてしまいそうになるけど、
そうじゃなくって、「どうしたらそれで稼げるか?」って考えてみてごらん。
そうすると、必ず、次ぎの一手が見えてくるものなんだよ。
─自分で「カネ」を稼ぐということは、自由を手に入れることだった。─ より

ついついやってしまいがちな「どうしたらいいだろう」という自問自答。

これだとやみくもに抜け口を探してしまって、

迷いのループから抜け出すことが出来ない。

大いなる力=宇宙からのサインも受け取りにくくなるんですよ。

そこで「何が出来るだろう?」と考えることで、今立っているところから一歩だけ前を見ることが出来る。

とても合理的な思考法だと思います。


ヒント3:「お金のハナシ=下品」の暗示から抜け出す

カネのハナシは下品だという「教え」が生んだもので「ちょっと待て、いい加減にしろ!」って言いたくなることは、まだ、ある。
「人間はお金がすべてじゃない」「しあわせは、お金なんかでは買えないんだ」っていう、アレ。
そう言う人は何を根拠にして、そう言い切れるんだろう。
─自分探しの迷路は「カネ」という視点を持てば、ぶっちぎれる。─ より

「人間はお金がすべてじゃない」「しあわせは、お金なんかでは買えないんだ」

あれなんかイラっとする。

何を根拠にそう言い切っているんだろう。

まるでお金が汚いとても言いたげで、そんなにお金が汚いなら「かすみ 」でも喰ってろ!と言いたくなります。

私たちはそんなふわっとした「しあわせ>お金」を信じ込まされてきた。

精神論っていうのか、日本人はお金にまで清貧の話に持ちだすところがある。

お金があっても人前では「お金がないわ〜」と言わなければ大ひんしゅくを買うし、

ちょっとチャラチャラして金回りの良い人を見れば「きっと悪いことをして稼いだに違いない」とか言ったりね。

自己啓発セミナーなどで「お金にまつわるネガティヴな感情」を取り除くメソッドがわんさか溢れるのも、

こうした「お金の話(もっと言うとお金そのもの) = 卑しい」の図式が日本人の美徳の根幹にあるから。

それはなぜか。

サイバラさんは「何も言わずに会社に貢献してくれた方が上の人にとって都合がいいから」と一刀両断。

スカッとします。


ヒント4:やりたいことはバランスの良いところにある

「自分がやりたい事が分からない」という人は、やみくもに手探りをするよりも、このふたつの「あいだ」に自分の落としどころを探してみたらどうだろう。
「カネとストレス」「カネとやりがい」の真ん中に自分にとっての「バランス」がいいところを、探す。
─自分探しの迷路は「カネ」という視点を持てば、ぶっちぎれる。─ より

やりたい事と聞くと信念!とかライフワーク!みたいなカッコいいイメージを持っていて、

どこかこう、偏りすぎていませんかね?

若い人は「やりたい事がわからない」と言うらしいですけど、

私もこの年になっても「やりたい事がわからない」と平気で言ってしまうのにはこの、

偏った「やりたいこと」への思い込みが原因かと思いました。

この辺の「落としどころ」について本書ではさらに詳しく書かれていて

イイ年こいて目からウロコがボロボロこぼれる話を聞けました。

何かつっかえが取れた不思議な心境で、今手元にあるカードから自分のやりたい事を見いだしていけそうな気がします。

イイ年こいて痛いですが何か? (もういい加減落ち着きたい)

「カネ」は怖くない。

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)は「カネとは」「仕事とは」「貧困とは」・・

大人になることで避けて通れない生き方の本質を教えてくれる本です。

説経くさく聞こえるかもしれませんが、サイバラ節は温かく心を掴んで離しません。

もっと若いうちに出会っていればなぁ・・(遠い目)

「失敗が怖い」 「底辺すぎて身動きできない」

という特に若い人に読んで欲しい。あ、若い人じゃなくても読んで下さい。

うちの娘がもう少し大きくなったら読ませたいな。

色々な観念をぶっ壊してくれます。

もう一度、胸の奥に熱い炎が灯るはずです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

いつも読んで下さってありがとうございます。

子どものスマホデビューなら!子ども用スマホをワイモバイルにして良かったこと3つ。

f:id:Bliss_Blink:20170302220029j:plain

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

某携帯キャリアのCMで「スマホ世代」なんて言葉が浸透していきそうな予感ですが、

ついに我が家も娘にスマホを持たせることにしました。

実はね、ついに根負けしました。

Blissは「子どもにスマホなんて要らない派」だったのですが、

子どもの通う学校ではスマホを持っている子どもがクラスの3分の2を占め、

スマホデビューがどんどん低年齢化しているのだと肌で感じています。

まして子どもから天下の宝刀「持っていないとみんなから仲間はずれにされる!」なんて言われたら、

一昔前のように「子どもにスマホなんて要らない」が通用しない。

うちと同じように襲いかかるであろうスマホ通信料に頭を抱えつつ、

アレコレ検討しているなんて親御さんも多いかと思います。

ワイモバイルでいいよ!

怖かったんですよ。スマホ市場が!

はるか昔のガラケー時代には最新機種が出る度に飛びついていたくせに、

MVNOとか何それ?格安スマホ・・?SIMフリー!?

(MVNOと聞くとどうしても「LMFAO」が浮かぶのは私だけでいい。)

今となってはスマホ事情にチンプンカンプンなわけです。

iPhoneならともかくまして、キャリアの料金戦争には本当に疎かった。

「イチキュッパです!」という謳い文句に吊られてカウンターに言ったところで

やれこのオプションつけないと適応外ですとか、実はコレとコレがついてヨンキュッパになりましたとか

美味しい話の裏にはそういう罠がある気がしていたんです。

だってそうですって!

ショップに行けば複雑すぎる料金プランに目が滑るし

「おいおい最初のハナシと全然違うじゃねえかっ!!」と、当初の予算通りにならなくて

すごい腹立つことあるじゃないですか。

あの経験はもうこりごりだったので、

その手には乗らねえぜ!と疑心暗鬼でワイモバイルショップへ向かったわけです。

イイとこ1:本当にニャンキュッパ

前置きが長くなりましたが、結論から言うと、

ワイモバイルで十分でした。

f:id:Bliss_Blink:20170302212801g:plain

www.ymobile.jp

「ワイモバイルでいいよ!ニャンキュッパだし。」

料金プランがすごくすっきりシンプルなのもあり、

学割適用で2,980円。以上!という感じで非常に分りやすかったです。

様々なオプションを上乗せされて最終的に料金が膨らむというようなこともありません。

ちなみにうちの娘はニャンキュッパ、2,980円で6ギガ(通常3ギガが今ならデータ容量2倍キャンペーンで6ギガ)のプランにしました。

「1ヶ月6ギガをめどにして計画的に使おう」と教えることで子どもが自主的にスマホを制限する意識が芽生えます。

子どものスマホなんて大体ワンキュッパ(1,980円 3ギガ)かニャンキュッパ(2,980円 今なら3ギガ→6ギガ)のプランで足りるでしょう。

↓新規や他者からの乗り換えで、今ならデータ容量が2倍になるので、

通常3ギガの容量が6ギガになっていますしこれで十分。

www.ymobile.jp

イイとこ2:通話が10分無料

実はこの通話10分無料プラン、知らない人多いです。

10分も無料なの!?へ〜!と思った方。正解。

10分だけかよ!?と思った方、

家族のたわいもない会話程度だったらたいてい10分以内に終わりますよ。

それ以上お話するならLINEでもSkypeでも通話アプリは沢山ありますし、

実際にやる方はいないかもしれませんが、10分ごとに通話を切ってまたかけ直せば次の10分も無料です。

(これ店員さんから聞きました 笑)

10分程度で十分元が取れると言えます。

イイとこ3:データ速度も問題なく早い

MVNOや格安スマホの欠点として

お昼や夜など回線が混みあう時間帯になると極端に通信速度が遅くなって

お昼休みにニュース見ようとスマホ開いたら遅すぎてイライラしていたらお昼休み終わった・・・

ということになりかねないわけです。

回線速度は格安スマホの最大のネックでもあり、これは避けては通れないようです。

ワイモバイルに関しては今のところ、そのような速度制限は感じません。

音声通話に関しても使っている回線がSoftbank通信局なので快適です。

ワイモバイルは「キャリア」です

そうなんです。ワイモバイルってドコモやauSoftbankと同じ、

携帯キャリア(Softbankと同じ)なんです。

正確に言うとSoftbankの廉価版キャリアってとこらしいです。

だからSoftbankの通信局もそのまま使えますし、

↓街中いたるところにあるソフトバンクWi-Fiスポットが使えます。

ソフトバンクWi-Fiスポット | 通信・エリア | モバイル | ソフトバンク

ウェブ利用制限もつけてくれます

子どもにスマホを持たせる上で忘れてはならないのが「ウェブ利用制限

こちらはショップ窓口で付けることが出来ます。(無料)

www.ymobile.jp

難しいこと分からなかったらワイモバイルで

f:id:Bliss_Blink:20170302223440p:plain

通信費は単純計算すると一年で10万弱もかかってしまいます。

その10万で何ができたでしょうか。

スマホの難しいシステムは分からないけど、スマホに8,000円〜10,000円もかけられない!

だから通信コストを抑えたい!という私のような初心者にはワイモバイルをおススメします。

2年ごとに乗り変えていくスタイルになりつつありますし、

その時はまたプランなどを見直し見るつもりです。

とりえあえず2年間はワイモバイルで通信料を抑えていくことにしました。

どうでもいいところの出費を抑えて

大事なところへお金を回せるよう工夫をしていきたいものです。

いつも読んで下さってありがとうございます。

テキトーに優雅に生きよう テキトーエレガンス